歯磨き・歯磨き粉

正しい歯磨きは歯ブラシではなく「デンタルフロス+音波歯ブラシ」

更新日:

歯磨きは「歯ブラシ+市販の歯磨き粉」のみを使用しているって方が多いと思います。

そして、ランチ後にはすぐに「歯ブラシ+市販の歯磨き粉」で歯を磨いているって方が多いと思います。

でも、実はこの習慣って海外から見ると「多少呆れられている」って状況なのをご存じでしょうか。

今回は、正しい歯磨きについて色々とお話したいと思います。

正しい歯磨きとは!?

歯磨きって何のためにしていますか?

ちょっと考えてみてください。

私の場合は「虫歯にならないため」「口が臭くならないため」「食後に口をスッキリするため」「歯周病にならないため」って考えでした。

なので、食後すぐに市販の歯磨き粉を使い、歯ブラシのみで歯を磨いていました。

しかし、この行為自体が「虫歯にならないため」「口が臭くならないため」「食後に口をスッキリするため」「歯周病にならないため」に効果的な方法ではないことを知りました。

歯ブラシでの歯磨きは、食べかすを取ることについては問題ありませんが、歯垢(プラーク)を取るってことについては不十分です。

歯垢(プラーク)が虫歯・歯周病の原因!?

歯垢(プラーク)とは歯を爪でガリガリすると取れる白いドロドロしたものです。

これを食べかすと勘違いしている方が多いのですが、これは食べかすではなく「細菌」です。

歯垢を放置していると2~3日で歯石になり、こうなってしまうと歯磨きでは取れなくなります。

歯垢が出来るのは「食後24時間」と言われているので、食後すぐに歯垢ができる訳ではありません。

この歯垢が虫歯・歯周病の原因なので、食べかすを歯ブラシで取ることよりも、プラーク(歯石)をコントロールすることが大切なのです。

ちなみに、プラークをコントロールするのが「唾液」です。

唾液がプラークコントロールをしてくれる

唾液がプラークコントロールをしてくれることは、海外では常識です。

冒頭で海外から日本の歯磨き習慣は「多少呆れられている」とお話しましたが、それがこの唾液についてです。

唾液の効果が一番高いのは、食後30分~1時間です。

海外では、このことを理解しているので食後はガムを噛んで唾液をたくさん出すようにしているぐらいです。

また、逆に夜寝ている時は唾液がほとんど出ません。

つまり、夜寝ている時はプラークコントロールがされていないので、プラークができやすい状況なのです。

ここまでのまとめ

プラークができるのは飲食後24時間

夜寝ている時にプラークはできる

唾液がプラークをコントロールする(食後の唾液が一番効果的)

歯磨き・プラークコントロールの時間やタイミングについて

ここまでにお話させていただいたことを考えると、歯磨き(プラークコントロール)が必要なタイミングは、

  • 夜寝る前
  • 朝起きた時

が、もっとも効果的なタイミングってことになります。

飲食後にすぐに歯を磨くのが一番効果的に感じますが、飲食後の唾液は一番効果的な時間帯なので、歯ブラシ+歯磨き粉で歯を磨いてしまうと、グチュグチュペッをしてこの効果的な唾液を捨てている状況です。

その結果、取れたのは歯垢(プラーク)ではなく食べかすです。

なので、飲食後は歯ブラシではなく、デンタルフロスを使い歯の隙間に唾液の通り道を作ってあげる方が、プラークコントロールとしては全然有効です。

唾液の効果を倍増させる「舌回し」

この動画は唾液について詳しく解説されています。

動画の【5:00】当りから舌回しについて説明されていますので、是非見てみてください。

舌回しとは、単純に歯茎に沿って舌を口の中で回していく運動です。

右上の歯茎から左上の歯茎へ、そのまま左下の歯茎から右下の歯茎へ舌をくるくる回していく運動です。(逆回転も)

食後にこの運動をすることにより、唾液の分泌を促して、その結果プラークコントロールがいつもよりできるって訳です。

ちなみに、この舌回し運動をしてみると、首の後ろの筋肉が引っ張られて筋肉痛みたいな感じになります。

この筋肉が弱まっていると唾液の量も減ってきてしまうみたいなので、舌の筋トレだと思ってやってみたら一石二鳥です。

ここまでのまとめ

唾液がプラークをコントロールしてくれる

寝ている時は唾液が出ないので、夜寝る前と朝起きた時が大切

食後は「歯ブラシ+歯磨き粉」より「デンタルフロス+舌回し」

デンタルフロス+音波歯ブラシがプラークコントロールに最適

①普通の歯ブラシを使って歯を磨いた時は「プラーク除去率30%ぐらい」

②デンタルフロス+音波ブラシで歯を磨いた時は「プラーク除去率60%ぐらい」

と、歯科医師臨床研修医指導医の書籍に書かれていました。この様に、デンタルフロス+音波ブラシのが倍もプラークを除去することができます。

(調査機関により数値に違いはありますが、歯ブラシだけの場合はどれも低い数値です)

参考歯医者は絶対やっている!デンタルフロスで虫歯や歯周病を防ぐ方法

歯垢ができやすいのは、歯と歯の間や、歯の付け根なので、ただ歯ブラシで歯磨きをしているよりデンタルフロスを活用する方が、プラークコントロールって意味では断然効果的です。

海外では歯ブラシでの歯磨きがサブケアで、デンタルフロスがメインのケアです。

デンタルフロスや糸ようじなどありますが、デンタルフロス(糸だけのやつ)のが安いし、使い慣れてくると自分の歯の状態が分かってくるのでおすすめです。

音波歯ブラシは、電動歯ブラシの一種です。

実は、電動歯ブラシにも種類があります。

電動歯ブラシ

一般的に一番知られている普通の電動歯ブラシです。

1分間に5千回くらい振動します。

音波歯ブラシ

1分間に3万~4万回くらい振動します。

音波ブラシのメリットは、毛先が届いていないところまで清掃できるってことです。

超音波歯ブラシ

超音波歯ブラシは、音波歯ブラシと違って毛先が当たらないと汚れが取れません。

汚れを落とすことに関しては、電動歯ブラシ・音波歯ブラシよりも優れています。

普段使いとして一番おすすめなのが「音波歯ブラシ」です。

毛先を歯と歯茎の境目に優しく当てて、1箇所について5秒、全体で2分くらい使うことにより、大体のプラークは除去できます。

デンタルフロス+音波歯ブラシを使う時間・タイミング

起床後:デンタルフロス+音波歯ブラシ

朝食後:デンタルフロス+舌回し

昼食後:デンタルフロス+舌回し

寝る前:デンタルフロス+音波歯ブラシ

今まで、歯ブラシでの歯磨きしかしていなかった私も、これを知ってからは毎日このようにしています。

デンタルフロスを普段使っていない場合には、今日にでも活用することをおすすめします。ドラッグストアで300円~500円ぐらいで売っているし、それが1ヶ月ぐらい使えますので。

最初のうちは鏡を見ながら使ってみると、やりやすいですし、状況がよく見えますので今までデンタルフロスを使っていなかったことに後悔すらすると思います。(私は大分しました 笑)

私の場合は、歯を白くしたいって気持ちもありましたので、こういった習慣を付けることにプラスして、研磨剤など使われていない体に優しいホワイトニング歯磨き粉も使っています。

ちゅらトゥースホワイトニングで「歯の黄ばみを落す」|歯磨きブログ』でもお話していますが、こちらのちゅらトゥースホワイトニングは毎月プレゼントまでくれるのですが、4回目のプレゼントがなんと音波歯ブラシなので一石二鳥でした。

正しい歯磨きは歯ブラシではなく「デンタルフロス+音波歯ブラシ」のまとめ

虫歯も歯周病も原因は歯垢(プラーク)です。

日本の歯磨きって響きは「食べかすを取る歯磨き」ですが、本来大切なことは「歯垢を取るプラークコントロール」です。

歯磨き・歯磨き粉について|日本人のガラパゴス歯磨き習慣とは!?』でもお話していますが、今の日本の歯磨き習慣は唾液の効果が分からない時に、歯磨剤企業が行ったキャンペーンにより習慣化されたものです。

なので、

×歯ブラシがメイン、デンタルフロスがサブ

ではなく、

〇歯ブラシはサブ、デンタルフロスがメイン

ってことに意識をして、日々プラークコントロールをしていきましょう。

自宅で気軽に歯を白くできた100日体験談

自宅で気軽に歯を白くしたいって方におすすめな「ちゅらトゥースホワイトニング」についてお話しています!

当ブログは【ちゅらトゥースホワイトニングの100日体験談】をレビューしています!

「歯を白くしたい!」って方は、是非参考にしてください!

おすすめ記事

1

※楽天・Amazonより安い最安値ショップはこちらでした(2018年7月現在) ちゅらトゥース最安値ショップを見る 100日使ってみました! ちゅら【使用開始】 ちゅら【1ヶ月後】 ちゅら【2ヶ月後】 ...

2

こちらの『ちゅらトゥースホワイトニング』という、歯の黄ばみを除去するホワイトニング歯磨き粉を毎日使っている効果測定日記です。 『100日分の歯のホワイトニング効果画像』と『100日分のちゅらトゥースホ ...

3

「歯の黄ばみを白くしたい!」と一言にいっても「どのくらい白くしたいのか?」「現在の歯の黄ばみはどの程度なのか?」によってホワイトニングの方法は変わってきます。 黄ばんできた歯を元通りの白い歯にしたい ...

4

市販の歯磨き粉のCMで、歯ブラシに歯磨き粉を大量に載せている風景が出てくると思いますが、実際にはあんなに歯磨き粉を付けても意味がないってことを以前知りました。 こういったことから、自分や周りの方々が当 ...

5

歯垢(プラーク)とは、爪で歯を引っかくと白くてネバネバしたものが取れたりしますが、これが歯垢です。 歯垢は食べかすではなく、細菌の塊なのです。 この歯垢を放置して硬くなったものを歯石といいます。個人差 ...

6

歯磨きは「歯ブラシ+市販の歯磨き粉」のみを使用しているって方が多いと思います。 そして、ランチ後にはすぐに「歯ブラシ+市販の歯磨き粉」で歯を磨いているって方が多いと思います。 でも、実はこの習慣って海 ...

7

歯の黄ばみの原因は「外因性」と「内因性」とあります。 主に外因性は、タバコやコーヒーなどによる着色で、内因性は小さい頃に永久歯がつくられる時期に投与された抗生物質の副作用が挙げられます。 「外因性」と ...

8

一般的な歯科ホワイトニングの流れについてお話します。 オフィスホワイトニングの特徴として、施術結果のホワイトニング効果について患者の主観に影響されやすい側面があります。 このため施術前の「カウンセリン ...

9

歯のホワイトニングには大きく分けて2種類あり「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」があります。 急いでホワイトニングしたい場合は「歯のオフィスホワイトニング|当日の流れ・料金・効果など」 ...

10

歯のホワイトニングには大きく分けて2種類あり「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があります。 急ぎで歯を白くしたい人は、今回お話するオフィスホワイトニングがおすすめです。 じっくり派の ...

-歯磨き・歯磨き粉
-,

Copyright© ちゅらトゥースホワイトニングで「歯の黄ばみを落す」|歯磨きブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.