歯磨き・歯磨き粉

歯磨き・歯磨き粉について|日本人のガラパゴス歯磨き習慣とは!?

更新日:

市販の歯磨き粉のCMで、歯ブラシに歯磨き粉を大量に載せている風景が出てくると思いますが、実際にはあんなに歯磨き粉を付けても意味がないってことを以前知りました。

こういったことから、自分や周りの方々が当たり前にしている歯磨きの習慣にも、実は間違えがあるのではないか!?と思い色々な歯科医師臨床研修医指導医の書籍を読み知ったことを元にこの記事を書いています。

一言でお伝えすると「市販の研磨剤が入った歯磨き粉を売るための運動により、日本での歯磨き習慣はガラパゴス化している」ってことが私の素直な感想です。

あなたの歯磨き習慣のチェック!

当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、まずはあなたが以下の項目を行っているかどうか確認してみてください。

あなたの歯磨き習慣をチェック!(YESの数を数えてください)

食後10分以内に歯磨きをちゃんとしている。

今使っている歯ブラシはいつから使っているか分からない。

歯ブラシ以外に、デンタルフロス・歯間ブラシは使っていない。

市販の歯磨き粉をCMの様にたっぷりつけている。

歯科医院には虫歯になってから治療に行く。

あなたは何個YESがありましたでしょうか?

ちなみに、私はYESが5個でした笑

実は、このチェックリストの中で「YES」が1個でもあった場合、あなたが正しいと思い行っている歯磨き習慣は間違えているってことになります。

食後10分以内に歯磨きをちゃんとしている。

「食べたらすぐに歯を磨く」っていう習慣は、なんと日本だけの習慣なんです。

他の先進国では、むしろ「食べ後にすぐ歯を磨いてはダメ」と言われているのです。

今使っている歯ブラシはいつから使っているか分からない。

私は歯ブラシの交換時期って、毛先にダメージが出てきたらって感じでしていました。

しかし、歯ブラシは1ヶ月以上使っていると、バイ菌で磨いているのと同じ状況なんです。

歯ブラシ以外に、デンタルフロス・歯間ブラシは使っていない。

歯ブラシでの歯磨きよりも、実はデンタルフロスのが何倍も大事なんです。

市販の歯磨き粉をCMの様にたっぷりつけている。

市販の歯磨き粉は、実はほとんど意味がありません。「爽快感」が得られるのが一番の効果です。

むしろつけすぎると害になるので注意が必要です。

歯科医院には虫歯になってから治療に行く。

歯医者で虫歯が治ることはありません。治るとは健康な状態に戻ることを言いますが、歯医者では雨漏りにトタンをはっている作業です。

日本以外の先進国での歯科医院の仕事は、虫歯を治すことより、なぜそうなってしまったのか?を確認して、再びそうならないようにすることです。

日本の歯磨き習慣は間違えだらけになっている理由

親や学校の先生や歯医者ですら「食べたらすぐに歯を磨こうね!」って言われて続けていたので、この記事を読んだからってすぐに信用できるものではないと思います。

そもそも「食べたらすぐに歯を磨こう運動」の目的って、実は日本に歯磨き週間を定着させることだったのです。

この運動が始まった50年以上前は、唾液の効果・虫歯の本当の原因などが分かっていない時期だったので、食後に歯を磨くことが正解だと思っていた状態です。

しかし、この後、唾液の効能への理解が進み、食後すぐに歯を磨くのは唾液の恩恵を無駄にする行為だと分かってきたのです。

参考唾液が持つ、恐るべし効果!あなたの体を守る最初のバリア、口内の「唾液」の知られざる事実

しかし、日本だけはこれまで同様に食べたらすぐに歯磨きをするって習慣を続けてきたのです。

食後の歯は柔らかい!?唾液との関係について

唾液には色々な効果がありますが、ここでは「食後の唾液」についてフォーカスしてお話したいと思います。

糖質を含む飲食をした後の口の中って、酸性に傾き歯の表面のカルシウムやリンが唾液に溶けだすのです。

この時、歯は少し柔らかくなっています。

この状況を唾液の力を借りて、30分~60分かけて元の硬さに戻るのです。これを再石灰化(さいせっかいか)と言います。

参考再石灰化 | APAGARD

歯って凄く硬くて頑丈なイメージがありますが、実は食後は歯が柔らかくなっている状態なんです。

こういった状態とは知らずに「食後すぐに歯磨き」をすると、歯ブラシにより歯はガリガリと削られてしまいます。

その上、市販の研磨剤入りの歯磨きを付けて(それも大量に)歯を磨いていると更に状況は悪くなります。

また、食後の唾液は一番効果がある時間帯なので、歯磨きによりグチュグチュペッをしてしまうことにより、この唾液も口からなくなってしまい、一石二鳥の逆バージョンとなってしまうのです。

海外ではこの唾液の力を知った上で、食後は積極的に唾液を出すためにガムを噛む習慣があるぐらいです。

日本だけが唾液の力を無視した歯磨き習慣を守り、「虫歯=歯磨きが足りない」という嘘の神話を信じ続けている状況なのです。

まさに、「日本人のガラパゴス歯磨き習慣」と言っても過言ではない気がします。

日本の「歯磨き」と「プラークコントロール」の違い

では、食後に歯を磨かかないで、食べかすを歯に詰まらせておいた方がいいのか!?って思ったりしますよね。

皆さんは違うかもしれませんが、私は「歯磨き」って「食べかすを取る」ってイメージでいました。

しかし、「歯磨き」の本来の目的は「歯垢(しこう)を取る」なんです。

これを英語で言うと「Plaque control(プラークコントロール)」です。

この言葉は聞いたことがある人が多いと思います。

なので、食後に歯につまった食べかすを取るために、歯磨きをして歯を傷つけて大切な唾液を捨てるのではなく、歯に詰まった食べかすをデンタルフロスを使って取ることが大切です。

これにより、歯と歯の隙間に通り道ができるので、効果が増大している唾液の通り道になり、先ほどお話しました唾液の力が効果的になります。

食後に、食べかすを取るために、市販の研磨剤入りの歯磨き粉をたっぷり付けて、ガリガリ力いっぱい歯を磨いていた私は、本当にびっくりする話でした。

歯磨き粉は必要ない!?隠された『歯磨剤企業の戦略』とは!?

しかし、歯磨き粉を使わないと「なんかスッキリしない!」って思います。

私はそう思いました。ところがこれが『歯磨剤企業の戦略』だったのです。

「本来は歯磨き粉はよほどのことがない限り、なくても問題はない」と歯科医師臨床研修医指導医の方がいっていました。

その理由は天然の歯磨き粉である唾液があるからです。

歯磨剤企業の戦略でガラパゴス化した日本の歯磨き習慣

歯磨剤企業は、毎回の歯磨き習慣に「スッキリ」という付加価値を付けて、日本に歯磨きの習慣を作り上げました。

3・3・3運動ってご存知でしょうか?

参考学校保健活動「3・3・3運動」について

この3・3・3運動とは、1日3回、3分以内に、3分以上歯磨きをするという運動です。

上記参考サイトでもこの様に言われています。

私の知る限りは日本の歯科関係者も多くは昼食後に歯磨きをしますし、それが海外では多少呆れられているという話も聞かなくもないですが、悪い習慣ではないと思います。

歯を大切にする気持ちが付くからいいとは思いますが、このやり方では費用対効果が悪いです。(費用って言っていいのか微妙ですが、作業量に合わないって意味です)

それに、元々この3・3・3運動って日本の歯磨剤企業のキャンペーンなんです。

上記引用部分にも記載されていますが「海外では多少呆れられている」って状況です。まさにガラパゴス。

歯磨き粉はデンタルフロスにはつけませんので、歯磨き粉を売るには歯ブラシが必要です。

なので、歯磨きをする習慣をつけることが一番だったのです。

こういった日本独自のキャンペーンにより、日本では食後すぐに歯磨き粉をつけて歯を磨くのが正義ってことが、今でも根付いています。

こういった内容の記事を初めて読んだ方は、もちろんこの記事のが信用できないと思いますので、歯科医師臨床研修医指導医の書籍など読んでみると真実味が出てくると思います。

これが、「日本人のガラパゴス歯磨き習慣」ってことです。

正しい歯磨きの習慣はこれ!

私はまさに「日本人のガラパゴス歯磨き習慣」のど真ん中にいたタイプでした笑

虫歯ができると「磨き方が悪いのかなー?」「歯磨きが足りないのかなー?」って思っていました。

しかし、注意するのは歯磨きを増やすのではなく、「みがくもの、みがくところ、みがく道具、みがく時間帯」を気にする必要があります。

正しい歯磨きの習慣

みがくもの 食べかすではなく※歯垢(しこう)
みがくところ 歯と歯の間が最も重要
みがく道具 デンタルフロスをメインに歯間ブラシも併用
みがく時間 就寝前と起床直後

※歯垢(しこう)とは細菌の塊です。

実は、歯磨きで大切なことって虫歯予防のためだけではないのです。

FLOSS OR DIE(デンタルフロスしますか?それとも死にますか?)

アメリカでは「FLOSS OR DIE(デンタルフロスしますか?それとも死にますか?)」って言葉があります。

参考Floss or DIE [INFOGRAPHIC] | The Facts on Why You Need to Floss

これは大げさなポスターではなく、口の中の細菌により、糖尿病・高血圧・心筋梗塞・脳梗塞・がん・肺炎といった病気に関係していることが分かってきているのです。

この細菌の塊が「歯垢(しこう)」です。

つまり、歯磨きは虫歯予防だけでなく、全身の健康を守るために歯垢をとることが大切です。

食後の唾液は、柔らかくなった歯を元通りに硬くしてくれる上に、食べかすを押し流し歯垢の増殖を抑える働きをしてくれるのです。

しかし、3・3・3運動により、日本では昼食後もすぐに市販の歯磨き粉をたっぷり使って、柔らかくなっている歯をガリガリ傷つけ、一番効果が高い唾液をグチュグチュペッって口から吐き出しています。

確かに「海外では多少呆れられている」って状況が理解できますね。

NYに10年以上住んでいる友人にも話を聞いてましたが、「こっちの人(NY)は、歯を磨く習慣がないけど、みんな糸(デンタルフロス)は携帯してるよ!それに歯医者は虫歯になってから行くより、3ヶ月に1回(細かい人は1ヶ月に1回)クリーニングしに行ってるよ!」って回答をいただきましたので、合わせて載せておきます。

あなたも、今の研磨剤入りの市販の歯磨き粉での歯磨きに疑問を持っていたのであれば、これを機に歯磨き習慣を変えていきましょう!

自宅で気軽に歯を白くできた100日体験談

自宅で気軽に歯を白くしたいって方におすすめな「ちゅらトゥースホワイトニング」についてお話しています!

当ブログは【ちゅらトゥースホワイトニングの100日体験談】をレビューしています!

「歯を白くしたい!」って方は、是非参考にしてください!

おすすめ記事

1

※楽天・Amazonより安い最安値ショップはこちらでした(2018年4月現在) ちゅらトゥース最安値ショップを見る 100日使ってみました! ちゅら【使用開始】 ちゅら【1ヶ月後】 ちゅら【2ヶ月後】 ...

2

ちゅらトゥースホワイトニングという、歯の黄ばみを除去するホワイトニング歯磨き粉を毎日使っている効果測定日記です。 アサガオの観察日記を小学生の頃にしていたことを思い出しながら毎日更新中! 目次1 ちゅ ...

3

「歯の黄ばみを白くしたい!」と一言にいっても「どのくらい白くしたいのか?」「現在の歯の黄ばみはどの程度なのか?」によってホワイトニングの方法は変わってきます。 黄ばんできた歯を元通りの白い歯にしたい ...

4

市販の歯磨き粉のCMで、歯ブラシに歯磨き粉を大量に載せている風景が出てくると思いますが、実際にはあんなに歯磨き粉を付けても意味がないってことを以前知りました。 こういったことから、自分や周りの方々が当 ...

5

歯垢(プラーク)とは、爪で歯を引っかくと白くてネバネバしたものが取れたりしますが、これが歯垢です。 歯垢は食べかすではなく、細菌の塊なのです。 この歯垢を放置して硬くなったものを歯石といいます。個人差 ...

6

歯磨きは「歯ブラシ+市販の歯磨き粉」のみを使用しているって方が多いと思います。 そして、ランチ後にはすぐに「歯ブラシ+市販の歯磨き粉」で歯を磨いているって方が多いと思います。 でも、実はこの習慣って海 ...

7

歯の黄ばみの原因は「外因性」と「内因性」とあります。 主に外因性は、タバコやコーヒーなどによる着色で、内因性は小さい頃に永久歯がつくられる時期に投与された抗生物質の副作用が挙げられます。 「外因性」と ...

8

一般的な歯科ホワイトニングの流れについてお話します。 オフィスホワイトニングの特徴として、施術結果のホワイトニング効果について患者の主観に影響されやすい側面があります。 このため施術前の「カウンセリン ...

9

歯のホワイトニングには大きく分けて2種類あり「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」があります。 急いでホワイトニングしたい場合は「歯のオフィスホワイトニング|当日の流れ・料金・効果など」 ...

10

歯のホワイトニングには大きく分けて2種類あり「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があります。 急ぎで歯を白くしたい人は、今回お話するオフィスホワイトニングがおすすめです。 じっくり派の ...

-歯磨き・歯磨き粉
-,

Copyright© ちゅらトゥースホワイトニングで「歯の黄ばみを落す」|歯磨きブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.