歯の黄ばみ

歯のホームホワイトニング|やり方・料金・期間・効果

投稿日:

歯のホワイトニングには大きく分けて2種類あり「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」があります。

オフィスホワイトニングについては「オフィスホワイトニングについて」でお話しています。

今回はホームホワイトニングについてお話します。

【当日の流れ】クリニックでのホームホワイトニング

殆どのクリニックでは、まずカウンセリングがあります。

その後は、以下の流れが一般的です。

  1. 問診
  2. 視診
  3. レントゲン診査
  4. 写真撮影
  5. ホワイトニングの説明

問診

歯の変色の原因を確認するために行います。

「歯が生えた時から変色しているか?」

「抗生物質などを乳幼児期に飲んでいたか?」

「コーヒーやタバコなどを摂取しているか?」

など、主に「歯の黄ばみの原因」でお話している内容を確認する流れです。

視診

歯の「白さ・明るさ・ツヤ・シマモヨウがあるか?・どの部分が変色しているか?」などを見ます。

それ以外にも「虫歯・歯のヒビ・つめもの」などがあるかも確認します。

レントゲン診査

必要があれば虫歯や歯の神経の状態を検査します。

写真撮影

ホワイトニング終了後に、どれだけ白くなったのかを確認するためにも写真を撮ります。

ホワイトニングの説明

変色の原因・ホワイトニングの効果・注意点・色の戻り・費用・期間など、ホームホワイトニングについての説明があります。

【ホワイトニング前の準備】虫歯のチェックなど

実際にホームホワイトニングをやる前に、準備が必要になります。

  1. 虫歯の治療をする
  2. 歯の表面をクリーニングする
  3. 歯型を取り、トレーを作成

虫歯の治療をする

ホワイトニングで使う薬剤により、歯の神経を刺激して痛みがでるケースがあります。

こういったことがないように、ホワイトニングに入る前に大きな虫歯がないかチェックをしたり、必要であれば治療してからとなります。

歯の表面をクリーニングする

歯にタバコのヤニなどの沈着物が付いている場合、そのままホワイトニングをすると薬剤の効果が少なくなります。

なので、歯をキレイにクリーニングしてから取り掛かります。

歯型を取り、トレーを作成

薬剤を入れるトレーを作成するために、歯型を取ります。

トレーが出来るまでに通常、数日~1週間は掛かりしますので、当日からスタートできないケースが多いです。

ホームホワイトニングは、自宅でこのトレーに薬剤を入れて歯にはめるためです。

【自宅にて】ホームホワイトニングの手順

トレーが出来上がったら、自宅でのホームホワイトニングを始めることができます。

ホームホワイトニングは、トレーに薬剤を入れて歯にはめます。

主にこれを寝ている間にやるのが主流ですが、起きている間にやっても問題はありませんが、トレーをはめている間は飲食は禁止なので、やはり寝ている時間を利用する方がおすすめです。

以下がホームホワイトニングの手順です。

歯磨きをしてから始める

歯が汚れている状態だと、効果が半減することがありますので、歯をキレイに磨いてから始めます。

トレーがぬれていたら拭き取る

トレーが濡れていると薬剤が固定しにくくなります。拭き取ってから使用します。

ホワイトニングジェル(薬剤)を入れる

ホワイトニングジェル(薬剤)を適量入れます。多く入れたからといって効果が上がるわけではありません。

トレーを歯にはめる

トレーをゆっくり歯にはめます。

ジェルがはみ出してきた場合は、歯ブラシで取り除き、軽くうがいをするといいでしょう。

トレーを歯にはめたまま寝る

トレーを歯にはめている時は飲食は禁止なので、寝る時に行うのがいいでしょう。

朝起きたらトレーを外す

朝起きてトレーを外します。歯やトレーに付いているホワイトニングジェルは、歯磨き粉や指で拭き取りましょう。

トレーを洗う時は、熱いお湯は使用しないようにします。

トレーをケースに保管する

使用後のトレーはケースに保管するようにしましょう。

問題がなければそのまま2~3週間続ける

問題がなかった場合は、そのまま継続しますが、問題がある場合はクリニックに相談しましょう。

ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニングのメリットをいくつか挙げます。

ホワイトニングをする時間を選べる

オフィスホワイトニングの場合は、クリニックでホワイトニングをしますが、ホームホワイトニングなら自宅で寝ている間にできます。

通院回数が少ない

自宅に薬剤を持ち帰りホワイトニングをするので、毎回通院しなくて済みます。

薬剤による副作用が少ない

オフィスホワイトニングで使用される薬剤よりも濃度が低いものを使う為、副作用の心配が少ないです。

リバウンドしにくい

短時間でスグに白くなるオフィスホワイトニングより、時間を掛けて歯の芯まで白くするホームホワイトニングは、リバウンド(色の後戻り)が起きにくいです。

知覚過敏にも対応できる

知覚過敏が起きて痛みが出ても、知覚過敏抑制剤(ジェルタイプ)をトレーに入れて使用することができます。

複数の歯を一度に白くできる

オフィスホワイトニングでは「上の歯だけ」「下の歯だけ」や「何本まで」など色々とプランによる制限が多いです。

ホームホワイトニングの場合は、トレーに薬剤を入れて一気に上下同時に奥歯まで白くできます。

透明感のある自然な白さになる

オフィスホワイトニングでは、短時間で行なうため白濁しやすいです。

ホームホワイトニングの場合は、不自然な白濁が起きにくく、透明感のある自然な白さになります。

奥歯・歯の裏側も白くできる

すべての歯をカバーしたトレーを使用するので、奥歯や歯の裏側まで簡単にホワイトニングできます。

治療費がオフィスホワイトニングより安い

自分で行なうのでオフィスホワイトニングより治療費を抑えることができます。

ホームホワイトニングについてのまとめ

ホームホワイトニングの相場

治療時間:約2週間~4週間

全治療費:約4万円~5万円

耐久性:約1年~5年

個人的な感想としては、医薬部外品であるちゅらトゥースホワイトニングなどを使って、歯のホワイトニング(黄ばみを取る)をするで充分でした。

「元々の歯の白さを取り戻す」ってことであれば、ちゅらトゥースホワイトニングがおすすめです。

しかし、「元々の歯の白さ以上の白さ」を求めるのであれば、ホームホワイトニングかオフィスホワイトニングが必要です。

そういった場合、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べて、費用を抑えれるし、ホワイトニング効果もキレイで持続しますのでおすすめです。

「数日後に結婚式があるから急いでいる!」などの理由がないのであれば、オフィスホワイトニングよりホームホワイトニングがおすすめだと思いました。

-歯の黄ばみ
-, ,

Copyright© ちゅらトゥースホワイトニング 効果 口コミ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.